自己紹介

英語が話せるようになりたい。

英語喋れる日本人てかっこいい。

まだ小学生くらいだった私には漠然とした憧れがありました。

現在の私は英語がたぶん喋れてます。

ペラペラではありませんが、

自分の思ってる事を英語で伝えることができます。

20代に入った頃英語を本気で勉強することになったあるキッカケがありました。

それは、外国人に恋をしたことです。

え?笑

って思いますよね。笑

私も過去を振り返ると、どうした自分!と思うほどですが、この出来事が英語を独学で勉強して行くにあたって重要な出来事となりました。

英語を独学で勉強してた時、自分でも衝撃的だったのが、「あんた昨日の寝言英語喋ってたよ笑」と姉に言われた言葉は今でも忘れません。

なんかもぉ自分がネイティブにでもなったかのように、心の奥底で「ヨッシャーー!」とガッツポーズしたのは嬉しい思い出です。

そんな私ですが、やはり英語を始めたばかりの頃は参考書などを見て、よくあるシチュエーションの例文を読んだり問題を解いたりして

学んでいました。

一時はTOEICテストを受けようかとも思っていましたが、私はTOEICテストで良い点をとりたいのではなく、英語が喋れるようになりたいと気づいたのでテストは受けていませんが、そこら辺の人よりは英語でコミュニケーションを取れる自信があります。

仕事に役立っているわけではないですが、家族旅行でプーケットやハワイに訪れた時は家族にとても頼りにしてもらえて嬉しかったです。

旅行先で英語を話せることによって、トラブルを解決できるという事が一番役に立ったのと、

スムーズにコミュニケーションを取ることができれば、旅行の思い出も格段に素敵なものになります。

とまぁ、紆余曲折を経て現在に至りますが、

ペンパルを作る→ペンパルに恋する→オンライン英会話やる→英会話の先生から、日本語を勉強したい日本に住んでるフィリピン人の元カレを紹介してもらう→先生の元カレと友達になる→今でも良いお友達(私の結婚式にもきてもらいました)

今、英語を学び始めたキッカケから、現在に至るまでのポイントを流れで書いてみたら、なんかスゴイ普通じゃない流れですね。笑

けど、やっぱり話す事って自分の想像以上に重要で、「英語が話せるようになってる!」と自覚するその瞬間を体感できると思うので、話す事ってめちゃくちゃ楽しいですよ。

少しづつ、読者の皆さんに英語を話す事や学ぶ事って楽しいと思ってもらえるように、過去の経験とコツなどを伝えていければいいなと思ってます。

Thank you for reading my history of English. I think it was kind of strange.lol

but I hope everyone who learning english will be the person who enjoying english and has great life.

xoxo

コメント

タイトルとURLをコピーしました